ブサメンガチファイター【ラノベ感想】

2022年11月19日

ブサメンガチファイター
著:弘松 涼
イラスト: 晩杯 あきら
出版:光文社ライトブックス

    519bmesyGGL

アマゾンのあらすじより

極度の女性恐怖症で、ひきこもりのブサメン・吉岡しげるは、人生をやり直すため、異世界に転生する。異世界では女性に関わらないことを決めたしげるは、ルックスなどのパラメーターを極限まで下げた分、他のステータスを上げ、最強の力を手に入れるのだが……。“小説家になろう”発、最強の絶対神・爆誕! でも、女性に触れたらHP激減!! こんな主人公あり!? 光文社ライトブックス創刊第1弾!

感想

最初は引きつける良い感じ、途中でアチコチに発散して、ポテンシャルがあるのにもったいない小説でした。
 
異世界に転生するときにステータスを下げたり、制限される特記事項を加えることでボーナスステータスや特殊能力を手にできるのは、TRPGのキャラメイクのようで面白いです。また主人公がブサメンでも現世では優秀な営業マンで実力も評価も得ているのは個人的には非常に好印象です。
現実でダメな人が異世界に行っても、評価されないかソコソコのところまでしかいけないと思うので、異世界での実績に説得力が出てきます。
 
またブサメンだから思い切って女性に関わるのは諦めてしまい、女性に10秒も触れ続けたら死んでしまうなんて極端な特性をつけているのも面白いところです。本人は優秀なのでヒロインに惚れられて、でも特性のせいで惚れられないように回避しての、ラブコメ感があるともっと良かったのですが……。
 
本作は最序盤でボーナスステータスの恩恵を極端に与えてしまったので、主人公の敵が存在せず前半はアシストする黒子的な動きが中心になります。連載中に趣向を変えたのか、後半では特記事項に書いた制約事項を生かした異能力バトルっぽくなります。なかなか良いバトルをします。
それが終盤ではラスボス級とのハイパーインフレバトルになってしまい、???の勢いで過去シーンの説明と伏線回収で走り抜けていってしまいます。
 
転生時のステータス配分や特記事項を生かしたバトルなんかはイケてるんです。でも要所要所の説明が雑(例:主人公の推察だけが説明)であったり、無理矢理まとめた感がありバラバラな印象を受けます。なんというかもったいない作品です。