【ラノベ感想】ダンシィング・ウィズ・ザ・デビルス【新装版】 庄司 卓 ミューノベル

2022年3月12日

ダンシィング・ウィズ・ザ・デビルス【新装版】
著:庄司 卓
イラスト:田沼雄一郎
出版:ミューノベル

    61Qv-txXwAL._SX310_BO1,204,203,200_
アマゾンのあらすじより
魔法のような技を使う頭脳派美女・ラシャンと凄腕剣士で肉体派少女・シュノーは、友情ではなく契約で結ばれたパートナー。世界を流浪しながら、行く先々で仕事を行う『オーキー』だ。そんな二人が、夜の森で命を狙われている小さな女の子を救ったことから動き出した小さな歯車が、やがて世界そのものに関わる巨大な歯車を回す大事件に―!?著者衝撃のデビュー作が、ここに復活!!
 
書き出しはギルドがあって剣士がいてファンタジーです。でも読んでいくとロボにアンドロイドに宇宙と濃厚なSFなんです。序盤から独自の用語や風習が織り込まれて、最初はとっつきにくさがありました。例えば作中の自己紹介は、こんな風です。
 
「私の名はラシャン。北位のラシャンコイトンバーネル、エンブレムは極光の四番。フルネームは、ラシャンコイトンバーネル・クークーリオン」
 
こんなふうに独特の世界観で、背景画分からないながらも次の行を読みたくなるんです。グイグイと物語に引き込む力強さがあります。たぶんなんですが、メインキャラのラシャンとシュノーが魅力的だからだと思います。
 
ラシャンは戦闘狂な脳筋で、バサバサ敵を切り倒しちゃいます。でも意外と乙女だったりします。
シュノーはアブストラクト(魔法みたいなの)の達人で、賢者のような頭脳派です。でもお嬢様然とした見た目ながら怒らせるとラシャンより凶暴だったりします。
 
そんな凸凹コンビが仲良くケンカしながら、手を取りあって依頼をこなしていく様子が魅力なんです。キャラが生き生きとしているのが凄く分かります。また作中には読んでいての疑問は大量にあるのですが、要所要所で謎がわかっていき、コレはどうなるのだろう?と次が楽しみになります。
 
重量感があり読み応えのある作品です。どっぷりSFラノベを楽しみたい方にオススメです。
新装版の書き下ろしは番外編、ファンへのご褒美かなと思います。旧装版が好きだった方も、もう一度いかがでしょうか
 

ミューノベル

Posted by kyoikyoi