【ラノベ感想】異世界監獄ルート楽園化計画―絶対無罪で指名手配犯の俺と〈属性:人食い〉のハンニバルガール― 縹けいか ダッシュエックス文庫

2022年3月8日

異世界監獄ルート楽園化計画 ―絶対無罪で指名手配犯の俺と〈属性:人食い〉のハンニバルガール―
著:縹けいか

イラスト:Mika Pikazo
出版:ダッシュエックス文庫
61AG1pexYzL
アマゾンのあらすじより

罪を犯しても正義を貫く囚人たちの異世界ファンタジー! 「あたしね、運命の人の味がどんなものかなぁって気になってるの。いただきます!」 記憶喪失で尚且(なおか)つ《史上最悪の指名手配犯》とされた俺は目覚めていきなり《人を食らう罪》をもつナギサと名乗る美少女に食べられてしまった……物理的に。 ここは自分の罪状に基(もと)づいた偉人・大罪人の魂を憑依(ひょうい)させる異能力「アニマウェア」が実装された異世界監獄。<ハンニバル・レクター><宮本武蔵(みやもとむさし)><ジャンヌ・ダルク>などの魂を憑依させた囚人たちと友達になりながら俺は記憶を取り戻しつつあったが、突如(とつじょ)監獄の運営が終わり、異世界全種族奴隷(どれい)化計画が始動。《史上最悪の指名手配犯》に隠された真実が明らかとなった時、俺がとった行動とは!?
ノベルゼロで過去に出されているエログロハード目な『食せよ我が心と異形は言う』と、ライトでマンガっぽい展開の『最強のブラック公務員田中とヴァンパイアキャットの姫君』って作品が、互いに全然違う作風ながらどちらも面白かったのでダッシュエックスの作品も読んでみました。感じ的に異能スキルバトル系、ちょっいグロといった雰囲気です。過去に読んだ作品の中間みたいな雰囲気で今回も面白かったです。
 
縹けいかさんの作品は、作品設定が練られています。一見トンデモな描写に見えた展開が、きれいにラストまでに伏線として回収されます。本作も主人公が表紙にいる美少女にいきなり冒頭で(物理的に)喰われます。そして美少女の説明文が「<属性:人食い>のハンニバルガール」ときています!
普通では想像できないキャラ設定と発想力に驚かされます。異能力で著名人の力を借りるのは見慣れた展開ですが、実在する犯罪者まで出てくるのはビックリですよ。
その一方主人公の異能だけは、「どの著名人なのか分からない」「いったい主人公の罪状とは何なのか?」の謎なまま物語が進んでいきます。ラストまで自然な流れで「どうして?」とワクワクを保って盛り上げてくれるセオリーは、バッチリふまれるで安心の面白さです。
 
派手で濃すぎるキャラ達と突拍子もない設定。それでいてラストではキッチリとしたオチ。これだけ面白い要素を詰め込みながら1冊で終わらせるには勿体ない気がします。異能バトル要素とストーリーの両方を楽しみたいという方にオススメな作品です。