異世界でタコ焼き屋はじめたけど、わりと簡単につぶれた【ラノベ感想】

2022年11月4日

異世界でタコ焼き屋はじめたけど、わりと簡単につぶれた
著:七色春日
イラスト:キンタ
出版:HJ文庫
51kKG1hN9dL._SX356_BO1,204,203,200_

アマゾンのあらすじより

異世界でホームレス!? タコ焼きボーイの人生逆転劇!
河川敷で生活する男の名は暁平助。転移した異世界でたこ焼き屋を開業し、一山当てた時の人だ。しかし、ある事件により事業は頓挫。瞬く間にホームレスに。
そんな平助が一日の糧を賭け、バーガー屋のゴミ捨て場でカラスや野良犬と激闘を繰り広げていると、凛とした女性の声がかかる。
「お久しぶりねご主人様。しばらく見ない間に愉快になったじゃない」
実業家時代に拾った奴隷メイド・サーファイアとの再会が、最底辺から始まる人生逆転劇の幕開けとなるのだった……!

感想

異世界でやっと成功したのに王女様のワガママで、全部を失ったところから物語は始まります。異世界でのサクセスストーリー(2回目)です。異世界転生なのに主人公はチート能力も、ギフトアイテムも何にも無い状態で転生しています。そこから地道に働いて、日本の料理でお店を開いて成功したって変わり種です。働いて稼ぐことがメインになっていて、冒険とか戦闘とかは無縁な異世界です。
 
コメディ風味でノリと勢いが良いので読みやすかったです。転落する前に雇った元奴隷とのラブコメのようなやりとりとか、登場シーンはちょっとながらディープラブでヤバすぎてインパクト絶大なエスティリアさんとか、登場するキャラ達は賑やかで楽しいです。あとはキンタさんのイラストも良いですね。女性キャラはとっても可愛くて魅力的です。マンガでも読んでみたいキャラ達です。
 
全体的にコメディ感が強めで、その割に異世界成分は弱めです。便利な調理道具に手厚めな社会保障制度、マクドナルドそのものな大量生産・大量消費が可能な世界です。作者はマクドナルドでのバイト経験とか食品工場へ出入りした経験とかあるのかな? と思わず感じてしまいました。それぐらい現代的です。
異世界に無かった料理レシピで成り上がっていくが重要な要素なんだと思いますが、言葉が通じず日本文化が浸透していない外国を舞台にしても成り立ちそうなところです。あまり設定云々は気にせずにノリとキャラを楽しむのが良いかと思います。
 

チート能力なし、戦闘なしの商売メインで成り上がっていきます。内政系やスローライフ系な作品が好きな方にオススメです。

 
 
 

同レーベルの感想も読んでみる

 

HJ文庫の感想

 

HJ文庫

Posted by kyoikyoi