【ラノベ感想】異端なる尋問官の事件調書 file.01 虐殺と誘惑の少女 永野 水貴 KADOKAWA NOVEL 0

2022年3月16日

異端なる尋問官の事件調書 file.01 虐殺と誘惑の少女
著:永野 水貴
イラスト:リウイチ
出版:KADOKAWA NOVEL 0

     51dBMVQoXDL
アマゾンのあらすじより
少女を暴け――。主人を虐殺に導く愛玩奴隷を巡る尋問ファンタジー!

 

尋問官――それは難解なる事件の関係者が秘する事実を暴き、解決へと導く存在。

少年時代、稀代の尋問官にして最悪の犯罪者となった男に“壊され”、長じて尋問官となった青年・サイモン。

天才にして規格外の尋問官として名を馳せる彼は、ある日“惑乱の民”と呼ばれる美貌と魅力を備えた二人の少女・アイカとテリネの尋問を担当することになる。

彼女たちは愛玩奴隷として様々な主人の下を渡り歩いており、その主人たちがことごとく領民を虐殺するという奇怪な事件が連続しているのだが……

「ねえ、これを外して? たくさん尽くしてあげるよ」

「仰ることには何でも従います。お望みとあらば、何でもいたします……」

鉄鎖に縛られし二人の誘惑を受けるサイモンは、即座に束縛を解除してしまい――?

アマゾンだと尋問ファンタジーとか、訳の分からないジャンル分けしています。その実は軽めの怪奇調査モノといったところでしょうか。
会話の矛盾点から真実を探す尋問ではなく、観察眼で相手の視線・呼吸・仕草などから真相に迫る推理シーンが熱いです。調査して真相に迫っていく展開は、本格派の面白さです。

 

序盤の奇怪な事件の調査が、終盤での伏線回収に見事に繋がりテンポ良く読めてしまえました。文章力の高さが光ります。ちょっと闇を感じさせるゴシックっぽい雰囲気も没入感を誘ってくれました。

気になった点を揚げるならイラストです。本文では褐色肌の魔性な少女と白磁のような肌の手弱女なんですが…。褐色少女はどこですか? イラストでは妖艶さも儚さも、2人のコントラストとしてちょっと弱い気がします。文章が良いだけにイラストもバシっとしてたら文句なしでした。

ノベルゼロ

Posted by kyoikyoi