【ラノベ感想】格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ うみ 角川スニーカー文庫

2022年3月12日

格安温泉宿を立て直そうとしたらハーレム状態になったんだけど全員人外なんだ
著:うみ
イラスト:nana
出版:角川スニーカー文庫
51iHtRPUXSL._SX352_BO1,204,203,200_
アマゾンのあらすじより

偶然立ち寄ったボロい温泉宿。そこは、人外美少女が集うハーレムだった!
飛騨高山を旅行中の筒木勇人は、美少女ばかりが働く温泉宿へと迷い込む。だがそこは人外が経営する温泉宿だった! 彼女たちに宿を立て直して欲しいと請われ奮闘する勇人だが、何故かラキスケ&ハーレム展開に!?

 
あとがきによると、カクヨムウェブコンテスコ経由での出版とのことです。たしかにカクヨムの掲載をチラ見すると、出版にあたり大幅な改稿が行われたようです。編集でついた方って新人だったんですかね?ウリになるポイントが読んでも見えてこず、テンプレの羅列しか印象に残りませんでしたす。文章は平易なのでサラサラと流し読めましたが、読んでも何も残りませんでした。
 
可愛いデミの女の子ハーレムで、キャッキャウフフとラッキースケベを楽しませてくれるのかと思いきや、宿にあるダンジョンの探索シーンなんかが入ります。タイトルにある宿の建て直しは、たいしたことはせずにトントン拍子に良くなります。立て直しの苦労とか、人外をポイントにした苦労とか工夫は感じ取れません。加えて取って付けたように、海水浴場での水着シーンが入ります。
 
キャッチーなタイトルに負けないぐらい、本文の方もハーレムならハーレム、人外なら人外と振り切って改稿していれば、もうちょっと次も読みたいとなったのではと感じます。
まるで水のようなと評したい作品でした。