【ラノベ感想】どうやら乙女ゲームの攻略対象に転生したらしい みなみ マッグガーデンノベルズ

2022年3月8日

どうやら乙女ゲームの攻略対象に転生したらしい
著:みなみ
イラスト:碓井ツカサ
出版:マッグガーデンノベルズ
   51SETRx8knL
アマゾンのあらすじより
俺は恐ろしい世界に転生してしまった……そこは、乙女ゲーム「君の為に全てを賭けて」の世界。 乙女ゲームの世界で攻略対象の隠しキャラとして転生してしまった主人公は、ヒロインには関わらずに生きる決意をする。攻略対象として転生してしまった主人公と、悪役令轢かれて嬢のラブラブなお話です。
トラックに轢かれて気がついたら、妹が遊んでいた乙女ゲームの世界の王子様になっていたってお馴染みの異世界転生作品です。面白かったのは飛んだのが男性の方で、女性の扱いにも慣れた肉食系ってタイプだったところです。この手の作品だと八方美人とかイザってところでヘタレるチェリーな主人公が多いところ、婚約者の悪役令嬢がドストライクだからグイグイと口説きにいくのがとても新鮮で面白かったです。表紙に映る右側が主人公でその隣が悪役令嬢のアンジェリカです。正統派美少女にして気が強くキリっとしたキャラです。でも王子様に耳元でささやかれると顔真っ赤になってで可愛らしい限りです。婚約者同士がラブラブでお熱い展開となります。
後ろにポツンというのは執事です。こまったら何でも解決してくれるスーパー執事です。彼の活躍を読んで驚いてみてください。本作の重要キーパーソンです。もう一人の重要キャラは乙女ゲームの主人公を務める男爵令嬢です。本作ではゲームの女性主人公が、貴族のルールを無視した困ったチャンとして描かれています。逆ハー展開で有力者の子弟を天秤にかけ続ける描写なんかを読んでいると、たしかにって感じてしまいます。

そこで女性主人が望む乙女ゲーの展開にならないように、フラグ叩き折って悪役令嬢―王子のルートに向かって突き進むドタバタ気味の内容になっています。結構面白いんですがオススメできない大きな理由も抱えた作品です。それは第9章のタイトルが「待ち受ける新展開」とあるように終盤で急展開します。「私男性もイケます」的なキャラが動き出して、18禁な香りが漂いはじめるあたりです。そしてこれからどうなる?のと煽るだけ煽ったところで1巻目終了です。
以降続刊は出ていません。私はこの責任はマッグガーデン編集にあると感じています。続編を出せないかもしれないのであれば、なんでこんなラストにOKを出したのでしょうか? 買ってくれたユーザーに対する裏切りとしか受け取れません。せめて巻ごとの区切りを付けておいて欲しかったです。