転移先は薬師が少ない世界でした【ラノベ感想】

2022年11月19日

転移先は薬師が少ない世界でした
著:饕餮
イラスト:藻
出版:レジーナブックス

    51Q70hc2gJL

アマゾンのあらすじより

神様のうっかりミスのせいで、異世界に転移してしまった優衣。しかも神様によると、もう日本には帰れないらしい…仕方なくこの世界で生きることを決めた優衣は、神様におすすめされた職業―薬師になることに。激レアポーションの作り方からチートな調薬方法まで、あらゆる薬師のスキルを教えてもらい、いざ地上へ!心穏やかに暮らせる定住先を求めて旅を始めたのだけれど、神様お墨付きのスキルは想像以上にとんでもなくて―普通に調薬したら、規格外ポーションができちゃった!?チートが爆発する異世界道中スタート!

感想

「神様の手違いで転移しちゃいました!戻せませんごめんなさい!!、チート能力おまけします!!!」

と、清々しいまでの異世界チートストーリーです。流れるような異世界転生テンプレでてんこ盛りです。分かりやすいネトゲ要素も、お約束のようについてきます。
 
チートレベルなポーションつくって、SUGEEEされて、ダンジョン潜ってレベル上げて、レア拾って1巻が終わります。
まさにヤマナシ・オチナシで非常に短時間で読むことができました。この作品ならでは、と拾うところはありません……
 
アルファポリス社からそれなりの宣伝を受けていた作品だったので、期待して買いましたが残念に終わりました。投稿サイトでは続きが数巻分ありますので、読むならばある程度まとめて買って読むと良いと思います。1巻目だけでは非常に薄い内容です。ちょっと2巻目以降はギブアップして読んでいません……
 

 

同レーベルの感想も読んでみる

レジーナブックスの感想