【ラノベ感想】異世界で最強の装備は、全裸でした どうか私に全裸を教えてくださいっ! 全裸でなく《世界》だ! 初美 陽一 富士見ファンタジア文庫

2022年3月8日

異世界で最強の装備は、全裸でした どうか私に全裸を教えてくださいっ! 全裸でなく《世界》だ!
著:初美 陽一
イラスト:Xe
出版:富士見ファンタジア文庫
51VFbm8VYLL

アマゾンのあらすじより

「俺が“装備”しているのは《世界》だ」装備の強さが全てを決める世界で、姫騎士のレナリアを救ったのは“全裸”の少年ナクト。 圧倒的な強さのナクトにレナリアは“全裸”を教えて欲しいと懇願してきて――!?
笑わせてもらいました。とても良くできたギャグラノベです。
タイトルの全裸ってフレーズとかイラストからエロ多めにみえますが、裸は下ネタの笑い的に持っていかれます。安心(?)の全年齢向けです。『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』あたりが好きなら特に楽しめるかと思います。
 
本作は装備によってキャラの強さが大きく左右され、装備に熟練すると能力を引き出して技を使えるって世界観です。その常識に対して主人公は、「《世界》を装備している!」ときたもんです。《世界》はとにかく強いかわりにあふれ出るパワーがスッゴくて、服を着ても弾けてしまうから全裸、だから全裸は最強!ってタイトルになっている。っていうノリです。「ギャグ >シリアス」、それからちょっとのエロな感じです。
 
主人公は最強キャラの立ち位置です。最強過ぎて強さの感覚がマヒしています。それから「《世界》を装備している!」っていうくらい世間の常識もマヒしています。出ている3人のヒロインも天然や疑うことを知らないと、常識面でアレな娘たちです……そういう理由で作品を通してツッコミが終始必要になります。時々敵対する魔族みたいな常識持ちが出ると、気の毒なくらいツッコミ役をしてくれます。《死の山》さんとか気の毒すぎでした。
とまぁ慢性的にツッコミが不足するので地の文が、ツッコミを入れまくってくれています。1ページ内にオイオイな行動とツッコミだらけでテンポが良いコメディになっています。
 
また全裸がテーマなのでエロ要素も当然あります。あとがきを読んで気づいたこととして、エロの中でもフェチ心をくすぐるシーンが多かったような気がします。露出とか全裸土下座(脱いだ服はたたむ)とかイラスト付です。各イラストの破壊力は高めなのでエロを求めて読むのもアリかと思います。
 
せっかく面白い作品なのでギャグ、コメディーなラノベをよく読む方にはオススメします。