【美少女文庫など感想】とある錬金術師のエルフ孕ませ計画 肥前 文俊 美少女文庫

2022年3月10日

とある錬金術師のエルフ孕ませ計画
著:肥前 文俊
イラスト:ぴず
出版:美少女文庫

    51hKtCPiclL._SX349_BO1,204,203,200_
アマゾンのあらすじより
どんどん肉体を改造されていく。いやらしく、淫らに、このひとに孕まされるように。
不妊で悩んでいた一族を救うため、若き天才錬金術師タタンの元へ訪れたエルフの姫・シーラ――待っていたのは、新薬開発実験と肉体改造調教!?
「乳房を寄せながら乳首で亀頭を擦ってみてください」
今日は巨乳に変えられた胸でパイズリ奉仕。
「んっ、あっ、これしゅごっ、しゅごいっ!乳首にジンジンくるっ! パイズリしながら、またイグッ! ああっ、本当にすごっ、バカになる。バカエルフになっちゃう! セックスしか考えられない、おバカになるぅ!」
「そうなったら一生僕が飼ってあげますよ」
一生このまま……! 卑猥な将来を想像し、それだけでシーラは達した。
感想はエローーイの一言に尽きます。
私がこれまでに読んだ美少女文庫作品の中で、トップクラスのエロ突き抜けです。
 
ジャンルとしては調教モノです。
子どもが生まれず一族の危機となったエルフの王族が、みずからを錬金術師に差し出し、子どもを授からない原因を調べ、解決を図るというストーリーです。その過程でエロエロ調教で躾けられて堕ちていきます。エローーイ!
 
合意の上で調教を受けているので、悲壮感や絶望感がありません。快楽からの羞恥による抵抗感が、調教を重ねる毎にだんだんとマヒし快楽を受け入れて堕ちていく様がエロいですね。そのような作品なので心の芯をボキボキに折っていく、ハードな調教モノが好みの方には生ぬるく感じるかもしれません。
 
情交シーンはどれも長めで、研究の名の下に連続絶頂で責めまくるシーンが多いです。調教としてはやさしめでも、エロい責めは容赦なくハードです。自慰をしたこともない処女の時点から、媚薬で快楽を教えこむエロエロ開発です。胸もお尻も手加減なしでガッチガチに開発しきります。
調教での特徴として「とある錬金術師」なので、お薬をつかいます。媚薬的な使い方にあわせてお薬での肉体改造もあります。快楽を教えこんで堕とすだけでなく、より快楽を得られるように肉体を改造してしまうのは手が込んでいます。作中のイラストに肉体改造前も載っています。カバーイラストとの違いを見比べてみてください。
 
調教で用いられるのは、ファンタジーと現代のちゃんぽんです。魔力や魔道アイテムにエロ調教のお友達、触手生物などのファンタジーな要素だけでなく、クリップを使っての電気責めや脳科学的な考えや用語など20世紀の要素もあります。純ファンタジーの世界観ではありません。個人的には連続責め中も脱水で倒れないように、ちゃんと水分補給させるシーンを入れているのは好きなシーンです。
 
1つ1つのエロシーンが濃いのでガッツリエロい作品を探しているなら最適の作品ですよ。女性を拘束して徹底的に責めまくる作品が好きな方には、特に悦んでもらえるのでは、と思います。
とある錬金術師のエルフ孕ませ計画 (美少女文庫)
肥前 文俊
フランス書院
2020-08-19

美少女文庫

Posted by kyoikyoi