私の推しが今日も最高に尊いので、全力で幸せにする! 【ラノベ感想】

2022年5月6日

私の推しが今日も最高に尊いので、全力で幸せにする!
著:飴月
イラスト: Tsubasa.v
出版:一迅社アイリスneo

アマゾンのあらすじより

前世が限界オタクの調薬師リゼは、ある日、最推しキャラの公爵家子息メアが道で倒れているのを発見し、今世が乙女ゲームの世界だと気づいた!
そして、全く幸せそうでない彼の看病をしながら決意する。
「私がメア様を世界一幸せにする!!」と。
なりゆきで推しとの同居生活が始まるが……。
推しが尊すぎて心臓がもちません!
しかも、モブの私がメア様の仮の婚約者に!?
全力で推しを愛でその尊さに打ちのめされるうちに、彼に囲い込まれちゃう少女の推し活ラブコメディ!

感想

ずーっと笑って楽しいラブコメでした。一迅社アイリスNeoの作品だから女性向けではあります。でもラブコメが好きな男性の方にもオススメしちゃいます。全対象向けに面白かったです。

乙女ゲーのモブに転生して攻略対象のイケメンとイチャコラできる物語です。日本から乙女ゲー世界に転生した主人公です。もちろん美少女です。ただ主人公が……とんでもく訓練されきったオタクだったってのが本作の面白ポイントです。「限界オタク」っていう言葉があるのですね。

最推しがいる乙女ゲー世界に生まれ変わっています。それでも推しと並び立つのは、恐れ多いと感じてしまうオタクなんです。ヒロインポジなんて滅相もない。画面外から愛でるのが理想ですってタイプです。
VTuberとかアイドルの推し活をされている方だと主人公の考え方は共感しやすいかも? 加えて愛の深さは課金額の多さとばかりに「いくら課金すれば!」って愉快なことを度々口走ります。主人公の訓練されたオタクっぷりが、とても面白いです。

最推しの公爵子息も主人公の献身の数々を受け段々陥落していくのに主人公は、「限界オタク」な行動のスレ違いっぷりです。コメが強めのラブコメです。公爵子息の思いが深まるほどスレ違いっぷりは、とっても面白かったです。

とまぁ基本はラブコメです。ところが巻末にある番外編3本がド直球に甘いんです。公爵子息のガチ口説きが「ふわぁーー」ってぐらい甘いです。本編とのギャップもまた素晴らしかったです。

 

 
 
 

レーベルの感想も読んでみる

一迅社アイリスNEOの感想