私はサキュバスじゃありません【ラノベ感想】

2022年11月19日

私はサキュバスじゃありません
著:小東 のら
イラスト:和錆
出版:ヒーロー文庫

    51LGXzy-VVL

アマゾンのあらすじより

「勇者様、パンツくださいっ!」 清楚で純朴な美少女の正体はサキュバスだった!?己のエッチな衝動と戦う勘違いラブコメディ!

 

ある学院にリズという少女がいた。
リズは成績優秀で品行方正、心優しく誰からも尊敬されている人物だった。
ある日、リズが通う学院に、長旅の傷を癒すために勇者一行が編入することになった。
出迎えたリズは勇者に思わず見とれてしまい、気がつくとこう言っていた。
「パンツくださいっ……!」
リズにはとある秘密があった。
彼女はかつて、勇者の仲間の一人だったのだ。
しかし、強大な敵と戦った際に記憶も力も失ってしまったリズは、
何もかも忘れて普通の人間として生活を送っていた。
リズの失った力――それは、色欲の淫魔サキュバスの力だった。
自分がサキュバスであることを忘れてしまった清楚な少女は、
己のエッチで変態な衝動に葛藤する。
「違います! 私はエッチな子じゃありませんっ!」
サキュバス少女が繰り広げる大波乱が今、幕を開く!

感想

物語の大体のところはあらすじが説明しきっています。
記憶をなくして自分は清楚と信じているリズが、サキュバスの本能でおもわずはしたないことをして、「違います! 私はエッチな子じゃありませんっ!」となるコメディ作品です。リズの過去を知っているメンバーにとっては、リズの「パンツください!」は、平常運転なんであたり前のように受け流すのですが、過去をしらないメンバーにはちょっと事案ですから、その温度差が面白いです。

ストーリーの基本構成は、まず過去の記憶がない現代で騒動がおこります。その次に過去のシーンとなり何があったか背景が明かされます。まぁリズが過去やらかしたからというのが元凶だったりするのですけど。完結したエピソードのようになっているので、少しずつ読み進めるのにも合います。

あとサキュバスをネタにしているので、エロ系の話題は豊富にブっこまれています。朝チュン描写やきわどいワードは毎回のように登場します。ヒロインたちも遠慮なく穢されます。サキュバスのリズがヒロインや勇者にセクハラをしまくります。ただ直接的な実力行使は自重されています。ギリギリを攻めるエロコメディものが好きならバッチリあうかと思います。

 
私は2巻目まで読みました。2巻目のラストが物語の区切り的にとてもスッキリしていたので、1-2巻までをセットで読むことをオススメします。イラストも可愛いのでコミカライズも楽しみですね
 
 
 
 

 

レーベルの感想も読んでみる

ヒーロー文庫の感想

 

ヒーロー文庫

Posted by kyoikyoi