ワールドエネミー【ラノベ感想】

2022年11月13日

ワールドエネミー 不死者の少女と不死殺しの王
著:細音 啓
イラスト: ふゆの 春秋
出版:KADOKAWA NOVEL 0

    51r4vEMIHHL._SX353_BO1,204,203,200_アマゾンのあらすじより

アマゾンのあらすじより

世界中に吸血鬼や屍鬼、魔獣などの強大な怪物がはびこる時代―人類は世界の敵たる12体のアークエネミーとの全面衝突を繰り広げ、その命運は一人の男に託された。ノア・イースヴェルト―史上最凶の「世界の敵」吸血鬼エルザに育てられた史上最強の怪異ハンター。人類の切り札にして、不死たる世界の敵を討ち滅ぼす「不死殺しの王」。これはそんな無敵のハンターと、歴史上で屈指の狡猾なる大敵=吸血鬼・ゼルネッツァAとの死闘の物語。とある町の教会で起きた事件はやがて王家を揺るがす騒乱となり、人と不死者の激闘が幕を開ける。世界最強のハンター・アクション、登場!

感想

最強の怪異ハンターが人類の敵を狩っていくダークヒーローもので、ヴァンパイアハンターDなどで見慣れた設定です。それにもかかわらず、ストーリー展開・背景説明・魅力的なキャラクターと面白いだらけでお勧めです。

 
ベタな設定、ベタな題材でも面白いのです。 怪異を狩るために情報を集める調査・推理パートからはじまり、怪異との攻防と自然にストーリーが流れていきます。

またノアが何故最強のハンターなのか、何故一人で狩りを続けるかといった背景説明は、小出しに挿入されているので読みやすく内容が頭に入りやすいです。

登場キャラクターは主人公のノア、ツンデレ妹のエルザ、シスターのシルヴィ、それに各回ごとの怪異とゲストキャラが数人です。

登場人物が少ない分、個々のシーンがありキャラの魅力が出てきます。 個人的は人間視点で物語を見てくれるシルヴィのシーンが好きでした。

 

続巻ではアークエネミーの獣人ユンメルンゲン(ボクっ娘、尻尾付)が新登場します。ユンメルゲンは直接的に人類に害をなしていませんが、よく分からないのでアークエネミーに認定されたという食えないキャラです。

 

またの怪異との追跡劇が楽しめます。

ただ1作目のストリー展開が秀逸すぎました。良すぎたために2作目への期待値を上げすぎていたらちょっと違うんだな感じたところも。そんな風に思わず感じてしまうぐらい1巻目のクオリティがすごいです。

本シリーズは傑作です。2017年以降のノベルゼロ作品では、トップレベルに属すると思われます。作者の力量が発揮されてます。もっともっと評価されるべき作品だと思います。

 
 
 

同レーベルの感想も読んでみる

ノベルゼロの感想