異世界語入門【ラノベ感想】

異世界語入門 ~転生したけど日本語が通じなかった~
著:Fafs F. Sashimi
イラスト:藤ちょこ
出版:L-エンタメ小説

異世界語入門

アマゾンのあらすじより

気が付いたら異世界に転移し、見知らぬ家の中にいた八ヶ崎翠(やつがざき・せん)。
チート能力を得てハーレムを作り、楽しい日々を送る――そんな異世界生活を期待した翠だったが、目の前にいた銀髪の美少女・シャリヤの発した声を聞き、愕然とする。
彼女の言葉が分からない……? 転生した異世界では、日本語が通じなかった。
翠は慌てて異世界語を学び、彼女とコミュニケーションを試みる。折しもこの世界は戦時下にあり、戦闘に巻き込まれた2人は、シャリヤの友人や味方らしき軍人と共に別の街への避難を余儀なくされるのだった。だがなんと、避難先で待っていたのはシャリヤとの相部屋生活!?
異世界ハーレム生活を目指し、転移前の世界で先輩(その名も「インド先輩」!)に学んだ語学に関する知見を総動員して、異世界語マスターに挑む翠。文字・単語・表現を一つ一つ学び、徐々に意思の疎通を図れるようになってきた矢先、避難先においても戦闘は激しさを増していく。果たして翠は、異世界の言葉を使いこなしてハーレムを作ることができるのか?
言葉が通じる異世界なんて本当の異世界じゃない!? 女の子と話したいという「超」純粋な動機で挑む異世界語習得ストーリー!

 

感想

異世界転生作品のよくあるツッコミの、なんで異世界語分かるの? しゃべれるの?? これに全力投球で向き合った作品です。
とくかく変わり種です。未知の言語をガチに翻訳していく過程が、ページの半数以上を占めています。本作のためにリパライン語を創作して解説する力の入れようです。ガチなやつです。

 

私は言語学系の知識ゼロでした。そのため作中では、専門用語のオンパレードです。
「等式文」「頻度解析」「後置修飾」「名詞クラス」などなど、知らない用語によって解説される内容を追いかけることとなりました。真面目に読もうとするとなかなかに大変でした。

立ち位置としては、学習書・解説書に近いかなと感じます。
リパライン語の文章の後に主人公の解読があって、判明している箇所には日本語のルビをふっています。後半になるほどルビも増えて主人公が、リパライン語に分かっていく様子を見て取れるようになってます。

 

失われた言語の翻訳ってニュースに対して、一体どうやって?って疑問を教えてくれる1冊でした。
未知の言語を読解することに興味がある方には、最高の作品だと思います。
そしてじゃない人には、ガチすぎておすすめできませんね……

なにしろリパライン語は英語みたいな横書きでしたね、それにあわせて横書き左開きの装丁で出版するほど徹底した作品です。

 

さて次は、リパライン語翻訳を除いたストーリー部分です。
こちらは全くもって良くありません。褒められません。面白さを感じられませんでした。

小難しかったり、理屈をこねまわしたような主人公の独白・内面語り多数で、頑張った形跡は分かりますよ? ラノベに近づけたかったんだなって。
でも異世界巻き込まれる本筋のストーリーとかみ合わないんです。

ただ語って終わり。
緊迫のシーンで転成前の回想を入れて、テンポと没入感をぶった切りです。

また主人公が転成した経緯やバックボーンも希薄です。どうやっても私は主人公に対し共感を感じませんでしたし、なんでヒロインがそこまで献身的かも分からずじまいでした。

 

「ものがたり」としては、全くオススメできません。
ただ未知の言語を探るという点では、唯一無二です。異世界作品の言語も考えたいなんて人にオススメの濃い作品です。

 

 

同レーベルの感想も読んでみる

 

L-エンタメ小説の感想