メイデーア転生物語 【ライト文芸感想】

2022年7月24日

メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女
著:友麻碧
イラスト:雨壱 絵穹
出版:富士見L文庫

    51Zd5K9PnWL._SX350_BO1,204,203,200_
 

アマゾンのあらすじより

魔法の息づく世界メイデーアで紡がれる、片想いから始まる転生ファンタジー
魔法の息づく世界“メイデーア”。辺境貴族の令嬢マキアは、騎士の少年トールとともに、魔法を学ぶ日々を過ごし、強い絆を育んできた。ところがトールが異世界から来た〈救世主の少女〉の守護者に選ばれたことで、二人は引き離されてしまう。
トールの不在に動揺するマキア。だが王都の魔法学校に行けば、再びトールに会う機会がある。彼に抱いた想いの正体を知るため、マキアは最高峰の魔法学校を目指す!
これは〈世界で一番悪い魔女〉の末裔マキアが、自身の想いを伝えるための、長い物語のはじまり。

感想

現代で結ばれなかった2人が、異世界で結ばれる(かもしれない)物語です。恋愛ファンタジーの王道中の王道ですね。書き出しは現代でいくつもの謎を残して、死を迎えるシーンとなっています。読者に強烈なインパクトと、謎を抱かせて異世界へ連れて行ってくれます。

主人公のマキアは、行動的な少女漫画の主人公のようなキャラで、とても元気に動き回ります。魔女の末裔で周囲に恐れられることがあっても、流されたりしません。彼女にひかれて優秀な人物が集まってきても、それで調子にのることもなく、いい子です。読者に愛されて、でもちょっと放っておけないウッカリがあり良いキャラです。

 

本作のタイトルに「1」とついていることから、複数巻出ることが予定されています。それにあわせた構想が練られていたようで、世界設定・各キャラの設定が深いです。2巻目では周辺国との位置関係をしめす図もでてきます。おそらく何巻そろい世界観やキャラのことがある程度分かってから、もう一度読み返すと更に面白くなるタイプの物語だと思います。

 

2巻目の感想

1巻目はちょっとした危機もありましたが、あくまでキャラの顔見せです。メイデーアの世界観とマキアとトールの絆の深さを教えてくれる巻です。2巻目は学友との交流でしばらくゆったりムードかと思いきや、ラストで唐突にブっこんできました。ものすごい引きを残していってくれましたよ。お話の構成が巧みで、引き込まれます。

 

 3巻目の感想

3巻目では1~2巻目の最重要人物との接触があります。またフレイとギルバートの兄弟関係に関わるお話もあります。3巻目にしてここまでの疑問を一気にオープンにしてしまうの?と言うのと同時に新たな謎を読者に提示してくるんです。このあたりのさじ加減が巧妙で、下巻の発売が待ち遠しくなります。
あと個人的に王妃がマイベストキャラになりました。
オススメしたいポイントは、とにかくストーリーと構成の巧みさなんです。なのでここで書くと読んだときの楽しさを減らしてしまうので、これ以上書けません。気になった方は読んでみてください。損はしないと思います!
 

4巻目の感想

魔法学校編の終盤で期末試験が行われます。試験内容はいかにも魔法の世界といった内容で、児童書の魔法試験みたいな様子です。学園を巡る雰囲気や空気が素晴らしかったです。これぞメイデーアの世界観といった感じです。
加えて友のアイリとの関係が、更に踏み込んでいく巻でもあります。そんな後半は派手な展開が続いてズーッとクライマックスです。どうなるのどうなるので気になったところで、(下)へ続くとの終わり……。あんまりです。はやく続きを出してください。
 

5巻目の感想 

ここまでで子供編・青春時代編の一区切りになっていて、ボリューム満点で圧巻でした。これまでなんで転生したのかとか、マキアはなんで命をつけ狙われるのかなど1巻目からの謎がついに明らかになります。マキアの魔法詠唱なども伏線になっていて、まさにハイファンタジーです。とにかく面白い!
一区切りとなるため主要キャラのシーンも色々あって素晴らしかったです。レピスから手紙のシーンなんて、あまりしゃべらないイメージとのギャップで感動です。救世主アイリの思いも泣けるシーンで、良いシーンの連続でした。マキアとトールの恋の進展も是非読んでみて欲しいです。大変に素晴らしかったです。

 
 
 
 
メイデーア転生物語 5 扉の向こうの魔法使い(下) (富士見L文庫)
友麻碧
KADOKAWA
2021-11-15

同レーベルの感想も読んでみる

富士見L文庫の感想