女子高生の放課後アングラーライフ【ラノベ感想】

2023年1月11日

女子高生の放課後アングラーライフ
著:井上 かえる
イラスト:白身魚
出版:角川スニーカー文庫
   9784041116081

アマゾンのあらすじより

同級生からイジメの標的にされ、関西の高校に転校した追川めざし。登校初日、同じクラスの白木須椎羅に「これは運命やでっ! めざしちゃん!」と迫られ、そのまま彼女が会長を務める海釣り同好会「アングラ女子会」に入会することに。
 同好会のメンバーであるクール系女子・汐見凪と副会長で勝気な性格の間詰明里から釣りの基本を教えられ、女子高生アングラーとしての生活をスタートさせる。めざしは少しずつ魚釣りの面白さと彼女たちのボケとツッコミが入り乱れる楽しい雰囲気に居心地の良さを感じはじめるのだが……。
 釣りを通じて女子高生四人が紡ぎだす瑞々しくもほろ苦い青春と友情の物語、始まります。

感想

カワイイ女の子の釣りをする日常が楽しい作品です。そして過去のつらさを乗り越える成長と友情の素敵な物語です。
あらすじの「同級生からイジメの標的にされ、関西の高校に転校」この過去が主人公にずーっとつきまといます。今度は失敗しないよう友達の顔色を伺うめざしの仕草が、なんとも可哀相でありもどかしい気持ちになりますね。そんなめざしが、よい友達に恵まれて成長している様子はとても爽やかでした。

シンプルイズベストな作品だと思います。奇をてらった展開とか派手な演出はありません。読み切ると感じると思いますが、それが良いんです。そんな作品です。

同好会のメンバーもみんないい娘たちでした。賑やかで中心になる椎羅、お母さん的にしっかり見てくれる凪、百合っけのある明里。4人の日常を読んでいるとなんか癒やされます。白身魚さんのイラストも非常に可愛らしいくて雰囲気によく合っていると感じました。

本作は青春小説だと思っていますが、女の子の日常ものとしても楽しい作品だと思います。まんがタイムきららの作品がお好きな方、試しに読んでみませんか?

 
 
 
 
 

レーベルの感想も読んでみる

角川スニーカー文庫の感想

 

Visited 28 times, 1 visit(s) today