美醜逆転世界のクレリック【美少女文庫など感想】

2023年3月12日

美醜逆転世界のクレリック ~美醜と貞操観念が逆転した異世界で僧侶になりました。淫欲の呪いを解くためにハーレムパーティで『儀式』します~
著:妹尾 尻尾
イラスト:ちるまくろ
出版:ダッシュエックス文庫

 

冒頭の文中より

非モテだった俺は、太陽が二つあるこの異世界でなぜかめちゃくちゃモテるようになり、美少女ハーレムパーティ唯一の男として、彼女たちと儀式(セックス)する役割をになっているのだった。

感想

ちょっとエッチなドタバタコメディを期待して買ったところエロ小説でした。
天原さんの『貞操逆転世界』みたいな価値観が、逆転した世界のドタバタ感を楽しめないか期待して買ったんですよ? 
 
いやさ私もエッチぃの自体は、好きですよ?

それに対してド直球のエロラノベってどうなのよ集英社?

本作はもともとR18向けのノクターンノベルズで掲載されていたそうです。いい作品ではありますけどなんでダッシュエックスのレーベルで出したのさ??
 

■マコト(主人公) 
異世界に転生した現代日本人。30歳童貞。転生後は17歳。
「おっぱいは大きい方が好きです」

 

■ルルゥ
この世界では醜女と認識されているエルフの冒険者。S級ランクパーティの一員。
「本当に、醜いエルフですよ?なんでしたら私、シている最中は布袋を被っていましょうか……?」

 

■アーシア
貴族だったが、容姿が醜かったため捨てられ冒険者に。ルルゥとパーティを組むS級冒険者。
「だからその…… 女のボクがお願いしするのは恥ずかしいんですが…… ボクのこと……レイプ♥してください……♥」

 

■ロジーナ
500歳を超えるのじゃロリ大賢者。
「お主の童貞は!お主の童貞はぁ!ワシがいただくはずだったんじゃああああああああああああ!!!!」


 
最初に出版社への苦言が抑えきれずに出てしまいました。
作品自体はしっかりしていて面白かったです。美醜の価値観が逆転した異世界で微少女に囲まれる。それに加えて性に対した価値観も男性優位となっていて、女性の方からリードしていく統一感ある作風になっています。
情交シーンも女性キャラ上位だったりと徹底して逆転世界を書いてくれています。
 
 
基本はエロコメってこともあり、世界観とか文体は軽くて読みやすいです。ノリがかなりいいですね。ストレスなく読み進められ、メインシーンに専念できるのも良いところだった思います。
 
 
そして個人的には、アーシアのシーンなんて印象的でした。彼女ってドMなキャラなので主人公は、ノリノリで責めまくっているんです。アーシアが悦ぶように叩くわなじるわ。まさにこの時の主人公ノリノリでした。
明るいくエロい。♥マークが飛び交って本作らしさを感じるエロシーンでしたね。
 
 
 
エロいタイトルと表紙に期待して買ったら超絶健全だったの逆バージョンみたいな作品でした。美少女文庫かヴァリアントノベルズのような成年向けレーベルで出してほしかったですね………。
 
エロラノベならもっとエロラノベだって分かりやすいタイトルにして欲しかったです。
 

同レーベルの感想も読んでみる

 

ダッシュエックス文庫の感想

 

Visited 135 times, 1 visit(s) today