彼女と彼の関係【ライト文芸感想】

彼女と彼の関係 ~平凡な早川さんと平凡な三浦くんの非凡な関係~
著:六つ花 えいこ
イラスト:宇佐見 よし
出版:富士見L文庫

  彼女と彼の関係

アマゾンのあらすじより

「誰でもいいから、彼女になってくれんもんかね」「本当に誰でもいい? 私でも?」他愛ない会話から、クリスマスまで期限つきで夏帆は拓海とお試し恋人になる。
放課後の帰り道や、休日のお出かけ。これまで彼氏のいなかった夏帆はじゃれあうように"恋人"の距離を楽しんでいたが、気づけば本気で拓海の誠実さに惹かれていた。でも片思いだからと気持ちを伝えられない夏帆。そんな時「早くこの期間終わらんかな」と拓海が二人の関係を終わらせたがっていることを知り……!?
特別書き下ろしストーリー「放課後」も収録。

★===登場人物紹介===★

早川 夏帆(はやかわ かほ)
人を見る目と行動力がある女子高生。長く書道を習っていて――。

三浦 拓海(みうら たくみ)
夏帆とお試しの恋人となる男子。心優しく友人に恵まれている。

西 琥太郎(にし こたろう)
清潔感ある美形男子。女子からモテている。

中田 康久(なかた やすひさ)
明るく人好きのする男子。運動神経がいい。

吉岡 梨央奈(よしおか りおな)
夏帆の友人。しっかり者で牡蠣が好きな少女。

橘 心(たちばな こころ)
食べるのが大好きな少女。実は男子が苦手。

廣井 嘉一(ひろい かいち)
家事をなんでも器用にこなす、拓海の友人。

感想

高校での恋愛青春物語です。お互いに初めての彼氏・彼女で初々しいんですよ。
まぶしすぎて私はダメージ負ってしまうぐらいでした。キラッキラでとにかくまぶしかったです。

だってですよ、お試しで付き合ってみよ?で彼氏と彼女になって、彼氏にやってほしいこと。そして彼女にやってほしいことをお互いに出しあってこなしていくんですよ。でもって手つなぎしてみたいとか、繋いでみてドキドキとかが繰り広げられるんですよ。なんという甘さ!!

 

そうやって最初はお試しだったのが、どんどんお互いの良さが見えてきてそろって両片思いです。なんといっても夏帆ちゃんと拓海くんは、どっちも良い子ですからね。恋に落ちるのは当然ってものでしょう。

そしてたっぷり両片思いにの甘さを味わってからのスレちがい。ボタンのかけちがいから起こる辛さからくる感情の落差は、これぞ六つ花さんの作品って感じる面白さでした。

 

 

あと六つ花さんといえば魅力的なサブキャラも欠かせません。気の置けない腐れ縁とか悪友かとおもったら、悩んでいたらちゃんと背中を押してくれたりとキャラが映えるんですよね。
ちなみに私の推しは嘉一くんと心ちゃんです。報われない恋心の嘉一くんに食べるの大好きな心ちゃんのペア。彼らもまた素敵でした。続きで2人のお話も読みたいですね。

 

また本作の場合、富士見L文庫にしては珍しくイラスト付きの人物紹介ページがあります。だからキャライメージをすごくつかみやすくて、脳内で映像をおこして声をつけて楽しめました。
青春系のライトノベルが好きな方には、特にオススメです。

レーベルの感想も読んでみる

 

富士見L文庫の感想

 

 

Visited 59 times, 1 visit(s) today

富士見L文庫

Posted by kyoikyoi