恋する魔女はエリート騎士に惚れ薬を飲ませてしまいました 【ラノベ感想】

恋する魔女はエリート騎士に惚れ薬を飲ませてしまいました 〜偽りから始まるわたしの溺愛生活〜
著:榛名丼
イラスト:條
出版:DREノベルス

  恋する魔女はエリート騎士に惚れ薬を飲ませてしまいました

アマゾンのあらすじより

俺の溺愛は――――――“加速”するぞ
溺愛エンジン全開!
偽りの関係から本物の愛に辿り着く、赤面必至の恋物語!

「魔女というだけで犯人などと、なんの根拠にもなっていない」
王都外れの森にひっそりと暮らす人見知り魔女のセシリーは、窮地を救ってくれたクールな騎士団長ジークに一目惚れした。昔から恋に恋する彼女は運命の人とついに出会えた、と胸を躍らせるが、思わぬ事故からセシリーお手製の惚れ薬を彼に飲ませてしまって……。
「俺と付き合ってくれ、かわいいセシリー」「つ、つつ、付き合います」
偽りの恋人関係成立……!? 果たして偽りから始まった溺愛の行方は――?
ピュアすぎる二人が送る、甘々ハートフルコメディ!

感想

テンポよくすすんでいくライトコメディで楽しかったです。
物語の展開と楽しみは、タイトルでだいたい説明されています。誤って惚れ薬を飲ませたことで始まる一方的な溺愛生活です。そのスレ違いぶりと実は…薬のせいなんだよねをいつカミングアウトの葛藤が、面白かったです。

私の中だと作者の榛名丼さんは、コメディ作品に強い作家さんとの認識です。本作でも予想を飛び越えてくる描写やとんでもキャラが出てきます。主人公の上半身が、ワイバーンに咥えられて下半身だけプラーンってシーンなんて笑ってしまいましよよ。

それから強烈キャラでいうと主人公のママですね。色気たっぷりな美魔女でチート能力者です。彼女だけ出てくる作品が違うだろってくらいクセつよでした。
エピソードトークにしか出てこないで有名だったくに姉ちゃんと違って本作のいける伝説は、本編にこんなんがしっかり登場するとはビックリです。

その他にも男性不信MAXだからって「男性 = 下半身」という残念思考な王女様とか愉快なキャラだらけですよ。

そうそうエリート騎士のジークの外見についてもありました。一見すると強面+褐色とレア属性持ちです。そういうキャラが好きな方にもオススメです。

 

「コミュ障主人公」「惚れ薬からはじまる愛」「イケメンからのデレデレ溺愛」「基本コメディ」とライトなのを読んで楽しみたいって方にピッタリかと思います。読みたいものが読みたいところにピタっとくる感じな作品でした。

 

 

 

同レーベルの感想も読んでみる

DREノベルスの感想

 

 

DREノベルス

Posted by kyoikyoi