クソッ! またモブか!? 【ラノベ感想】

クソッ! またモブか!? 〜世界の片隅のモブから負けヒロインのキミへ〜
著:裕道 麩葱
イラスト:有河 サトル
出版:KADOKAWAの新文芸

  クソッ! またモブか!?

アマゾンのあらすじより

モブの俺が、主人公ができなかったこと――早乙女ルイを救ってみせる!

冴えない人生にやるせなさを覚えていた大学生の中原重音。しかし、ある日バス通学で大事故に巻き込まれてしまう。次に目を覚ましたのは巨大な化け物が暴れる世界。その化け物に狙われ死を覚悟した時、目の前に現れたのは金色のツインテールを靡かせた、重音が恋焦がれた少女で――ここは中学時代に熱心に読み漁っていたライトノベルの世界だった。しかし転生した人物は、秀でた才能はなく、主要キャラクターとの関連性はゼロのモブ! ……このままでは前世の二の舞になる。今際の際に残した後悔を繰り返さないよう、モブの少年・小波蒼となった重音は努力と執念で第二の人生へと挑む! 目標は――原作の運命を変え、彼女を救うこと!! そして、この想いを、今度こそ伝えること!! 願いと熱情を胸に、モブに生まれた男が運命を覆す異世界学園戦記、待望の第1巻!

感想

かなたさんのラノベ推し語り配信で知った作品です。
私はタイトル、表紙、あらすじから「あ、またヤレヤレ系ね」とスルーしてしまっていたので、紹介してもらえてよかったです。

 

表紙の主人公は「クソッ! またモブか!?」っていう感じじゃなくて安心です。黒髪系ヤレヤレ主人公とか黒髪転生系イキリ主人公じゃありませんでした。

 

この作品はライトノベルの世界への転生となっていて、ツンデレ系ヒロイン全盛期のラノベを彷彿とさせてくれるのは楽しかったです。
ベッタベタでも金髪ツインテールのツンデレヒロインっていいよね! 

ツンデレヒロインに主人公が、真っ正面から全力でぶつかっていくのも清々しいです。ヒロインから門前払い喰らっても諦めずに告白し続けるとか、モブじゃなくて主人公ムーブそのものじゃないかと思います。

 

 

これらヒロインの魅力に加えて、主人公が努力の人というのも面白かったです。

本作の異世界も生まれ持った才能が重要な世界です。そこへ才能のないモブとして主人公は転生しています。
才能がないなら努力でカバーとばかりに毎日倒れるほどの訓練をして、禁忌にまで手を出して強さを求めるんです。

そこまでする理由は愛すべき人を救う、ただそれだけ。熱いですね!

 

ライトノベルのストーリーにモブ主人公は抗えるのか? 才能ない主人公が努力で挽回する展開は、熱くて面白かったです。

 

かなり覚悟が決まっている主人公だけに、どうせなら前世の描写をもっと濃くやってくれていたら個人的に完璧でしたね。
前世の主人公はどこにでもいそうな無気力大学生で、転生後の極端なまでにストイックな主人公とはまるで別人です。だからこそ行動しなかった自分に強烈な後悔を抱いて、転生のやり直しだったら……と考えてしまいました。

 

同レーベルの感想も読んでみる

KADOKAWAの新文芸の感想

 

Visited 35 times, 1 visit(s) today