【美少女文庫など感想】キスキス―彼女は妹ウエイトレス! 青橋 由高 美少女文庫

2022年3月10日

キスキス―彼女は妹ウエイトレス!
著:青橋 由高
イラスト:安藤 智也
出版:美少女文庫

    51N4E20N8DL._SX351_BO1,204,203,200_
アマゾンのあらすじより
どっちとキスしたいの、お兄ちゃん?
ツンデレ、正統派ウエイトレスの茜。純情、中華飯店ウエイトレスの桜良。
瞳を閉じ、唇を差しだす妹ふたりに理性はもうメロメロ。制服姿で足コキされたい?
チャイナ服でパイズリされたい? 二人の初めてを奪いたい?どんな過激な注文にも応えてあげる!
エロいだけでなく読み応えのある作品でした。情交シーンが濃厚に描かれているのは当然として、妹ってどんなキャラなのか、どうして兄にメロメロなのかを内面や背景にわたって示してくれます。そうやって妹ちゃんズのコトを知ると2人ともとっても良い娘にしか見なくなってくるのです。どっちの妹と結ばれて欲しい?と考えると、どっちも幸せになって欲しい!、と思うほどキャラを魅せてくれます。とてもとても良い作品です。
 
さて作中の対象キャラは、妹ちゃんズ2人だけです。純粋な妹作品です。
妹たちは対照的な美少女であらすじにつけ足すと、次のようなキャラです。
※今のご時世、血の繋がった兄弟ではありません。そのへんが気になる方はご注意を。
 
茜…ツンデレ、正統派ウエイトレス。行動力があり、思いついたら体がうごく猪突猛進タイプ。普通乳。
桜良…ムッツリ、中華飯店ウエイトレス。じっくり計画を練るのに暴走しちゃうタイプ。巨乳。
 
2人の性格の違いがエロシーンにいかされて、初体験→再戦のシーンはそれぞれ印象的でバラエティーに富んだ描写を楽しめます。またラブラブが基本なので痛かったり、かわいそうだったりするシーンはありません。2人の兄デレな行動を対比して読むと、さらに面白くなるでしょう。

加えて情交中でも会話を通じてお互いの気持ちを確認したり、高めあったりする場面が度々登場します。こういったエロとストーリーが一体になった描写が、キャラをより引き立ててエロくて面白くなっています。

キャラの魅せ方がとにかく巧みでした。一般向けのラブコメ漫画や小説は好きだけど、キスシーンどまりじゃなくてホントはもっと先まで読んでみたい……なんて方には最適ですよ。ストーリーもエロもバッチリの作品です。
キスキス―彼女は妹ウエイトレス! (美少女文庫)
青橋 由高
フランス書院
2006-06-01

美少女文庫

Posted by kyoikyoi