薬の魔物の解雇理由【ラノベ感想】

2022年7月24日

薬の魔物の解雇理由
著:桜瀬彩香
イラスト:アズ
出版:TOブックス
51B64FDVIxL

アマゾンのあらすじより

人と人ならざる者達が共に暮らすウィーム領。雪深く魔術の潤沢なその地に迷い込んだ少女・ネアは託宣を受けた——命を削り契約した魔物から恩恵を得る才職「歌乞い」として。静かに暮らしたいネアは、低位の相手を求めて唱歌の儀式を行う。だが、夜の森より現れたのは、美しい魔物の王・ディノだった! 「君の願いは全て叶えよう——どんな残酷なことも」 とても手に負えない彼を「薬の魔物」と偽り、ネアは転職活動を始めるが、結んだ契約は解消できない。おまけに、目の前の万象を司る王から「君に叱られるの大好き」とやけに懐かれてしまい……? 祝祭美食な日常の中、時に切なく、時に大惨事(?)が紡がれる異類婚姻ファンタジー!

感想

異世界に迷い込んだ少女ネアが予想もせず魔物の王ディノと縁を結んでしまうこととなり、人間と魔物のカルチャーギャップとネアの斜め上勘違いギャップが楽しいファンタジー作品でした。

 
今まで読んだTOブックスの作品に比べて異色です。かなり重厚で華麗な世界観を持っている作品で文章の密度も濃いです。あえて冗長になりそうな説明は省かれているので、行間から登場人物がどう感じているのかや場面の移り変わりを想像して楽しめる場面が多いです。3人称視点の形式で○○の視点、みたいなので場面説明は基本的にありません。ストーリーに大きく関係しない第3者の視点があったくらいです。そのため詰め込まれた情報をゆっくりページをめくって読み込んでいくタイプの作品です。富士見L文庫とか古き良きファンタジー小説を読んでいるようで面白かったです。
 

ラノベラノベ的な雰囲気ではないので読み手は選ぶような気がします。本好きの下克上の貴族編が好きな方には、是非手に取ってみてもらいたいところです。

 
なんというか主人公のネアは重く悲しい過去を背負っていて、いかにもこの物語のヒロインって感じです。でも異世界のしきたりを知らなかったり、過去のせいで独特の価値観を持っていたりでラノベ主人公的な感じもあるんですよね。それでディノとか婚約者との距離感とか交わす会話が斜め上になったりします。相手の行為とかの思いがスレ違って、後ろにいる人が思わず頭を抱えたシーンが描かれるコミカルさもあります。
 

そしてディノからネアに向けられる好意、これは誰が見ても親愛度MAXです。一見するだけでも強烈です。ネアはなんで気づかないの?って思わず感じてしまいます。ディノがネアに構って欲しくて幼子気を引くようなそぶりをしたり、ネアが他の魔物を構ったときに見せる嫉妬心とかあらまぁ!でニヤニヤが止まりませんね。どっしりとしたファンタジーの中に甘甘なシーンもばっちりです。

まだ1巻目では、ネア → ディノへの向ける思いは保護者目線です。これがどう変わっていくか、それとも変わらずの関係で周囲が変わっていくのか、どうなっていくかが非常に楽しみです。個人的にはネアのせいでとんでもない風評被害を被ったエーダリア様が報われるかも気になっています。
 
 

2巻目の感想

ネアの斜め上っぷりは、あいかわらずでした。魔物や妖精を無自覚にたらし込むに止まらず、魔物ハンターとしての活躍まで加わってます。ネアは蟻にも負ける可動域なんですけどね。ディノの恩寵を得ての変化が気になるところです。
魔物や妖精が、人間に与える加護とか誓約について薬の魔物の世界に関わる部分は、2巻目でも謎な箇所が多いです。それでもいくらかは明らかになってます。魔物や妖精な感性とか因果律の設定は、たいへんに魅力でした。とってもファンタジーです。

あとイラストも更に良くなってます。
「ネアがディノの三つ編みにした髪を引っ張るシーン」、「ディノがネアを締め上げるシーン」どちらも作中で度々出てくる描写ですね。それってこうだったのかと見えてくるとディノのデレデレっぷりがもう……よいですね。クッキーモンスターの食事シーンもあり、これも癒やされる素敵な絵でした。

 
1巻目は時間をおいての読み返しすることで、新たな色んな気づきをでき一層楽しめました。ですので2巻目もまたどっかで読み直してみます。1回しか読まないのは、勿体ない作品です。
 
 
ガチなファンタジーなのでどっぷり世界観に入って読みたい方に強くオススメします。
 
 
 

同レーベルの感想も読んでみる

TOブックスの感想