転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す ZERO【ラノベ感想】

2024年3月23日

転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す ZERO
著:十夜
イラスト:chibi
出版:アース・スターノベル

  転生した大聖女は、聖女であることをひた隠すZero

アマゾンのあらすじより

舞台は300年前のナーヴ王国。
強大な癒しの力を持つ、幼い最強聖女のお話。

ナーヴ王国の王女、セラフィーナは生まれつき目が見えず、隠れるように森で暮らしていた。

幼い精霊たちとともに、穏やかな日々を送っていた6歳のセラフィーナのもとに、一人の訪問者が現れる。

「君がセラフィーナだな。シリウス・ユリシーズ、君の従兄だ」

若き騎士団副総長、シリウスは王都への帰還を無理強いすることなく、セラフィーナに寄り添うように森で過ごすが、ある事件をきっかけに、彼女の能力が覚醒し──

感想

『転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す』のスピンオフ過去編で、フィーア転生前のお話です。
本編では意外と語られないシリウスとの「おにろり」が面白かったです。
本編を未読でも楽しく読めるお話だと思います。

 

主人公はセラフィーナ(6才)。精霊に愛された無自覚最強幼女です。転生後の無自覚にやらかしまくる才を、6才にしてばっちり身につけています。しかも転生前は、そこまで才能を隠さないといけない理由も無いんですよね。無自覚にやらかしてシリウスお兄様(19才)に「セラフィーナはすごいなぁ」される「おにろり」です。大変に堪能できました。

本シリーズの無自覚にやらかすのが、幼女だってのと非常に相性がいいですね。
成人していると「おいおい…」とツッコみの3つや4ついれたくなりますが、6歳なら「ちかたないあぁ」と優しい気持ちになれます。
そしてセラフィーナは、やらかしと同じぐらい思いやりある行動もするので、ますます保護者目線で「ちかたないあぁ」と感じてしまいました。

 

ZEROでは、本編でもお馴染みのカノープスも登場します。まぁ登場早々、天然なセラフィーナにタラされるんですけどね。
カノープスの過去は、本編のストーリーを思い起こさせるシーンがあるのも面白かったです。

 

またZEROでは、保護者の黒竜ザビリア不在です。ということで契約精霊のセブンが、ZEROでは登場します。
セブンは男の子の口調で幼なじみとか、悪友的なポジションっぽい気がしました。セラフィーナを独占したいような子供らしさを感じるキャラです。
ZEROでは、セラフィーナも相棒の精霊もお子ちゃまモードですね。

 

2巻目の感想

本編8巻目のあとに読みました。フィーアの勘違い能力は、前世のセラフィーナ(6歳)時代から全く変わらないのがよく分かりましたね。ド天然&規格外聖女パワーすぎます。
1巻目ではお気楽な様子だったセブン君が、今回ばかりは冷や汗かきっぱなしです。空気読まずなセラフィーナときたら超大物に対して友達と話すみたいないつもの態度。その横で顔色をかえるセブン君が、気の毒だけど笑ってしまいました。

 

あとZEROのシリーズでは、精霊との繋がりが重要になりそうな印象を受けました。泣き虫な聖霊って児童文学に出てきそうな聖霊もいて、こっちのシリーズもまた一風違って面白いです。ファンタジー感強いですね。

あとはシリウスの完全保護者っぷりですよ。「過保護者」の一言は、良い得て妙です。過保護者とフリーダムなお姫様、大変に良い取り合わせでした。

 

3巻目の感想

やっぱりセラフィーナは、6歳児のフィーアの頃から変わっていなかったんですね。良い意味で。

無自覚タラシは幼女であっても健在で、騎士も精霊もフィーアにイチコロですね。あの氷の貴公子みたいなシリウスもフィーアから不意な「だいすき(こども発言)」は、しっかくクリティカルヒットを喰らっちゃって……。いいシーンを拝ませてもらいました。

前世でも騎士団のみんなからフィーアって愛されてたんですね。

さてセラフィーナの時ならだだ甘ながらもダメだししてフォローしてくれる黒竜ザビリアがいました。でもフィーアの時は悪友のように一緒に遊ぶ精霊のセブンがパートナー……。
果たしてフィーアの暴走を止められるのか?

 

また3巻目って本編が166ページしかなくて、これはもうちょっと読みたいと消化不足感でした。

そのかわりに後半はサイドストーリー祭りで、人気キャラ投票でのサイドストーリーが5本載っています。ちょっとしたお祭りの巻だったのかな?

 

4巻目の感想

ガレ葉をめぐるお話はこれで一区切りです。
金ガレ葉をよみがえらせて、村で栽培しなおすお話は心暖まる結末でよかったです。

もはや近衛騎士の面々はみんなフィーアの信奉者と化していて、フィーアが規格外の魔法を使おうが想定外の魔力の使い方をしようがだーれも止めようとしません。むしろスゴいとほめて伸ばそうとするので、どんな暴走を引き起こすのやら。フィーアは宝石や魔石をあつめて魔法の付与をしようとしているので、まずまちがいなく騒動に発展しちゃうんでしょうね。

そしてフェンリル討伐を通じ4巻目では関係性がわるかった皇子たちとも交流を深めて、フィーアの魅力はとどまるところをしりません。

 

本編だとザビリアが形だけでもセラフィーナをたしなめるのに、ZEROのセブン君は悪友としていっしょに楽しんじゃうからなぁ。たぶんZEROの時にやらかしたことの数々が、本編での大聖女の伝説なんでしょうね。

 

 

大きな力を持った子供が、周囲を振り回すライトコメディが好きな方にオススメです。
加えてお兄様とロリの組み合わせが好きなら、是非とも読んでみてください。chibiさんのイラストとあわさって強烈に仕上がってますよ。

 

同レーベルの感想も読んでみる

アース・スターノベルの感想

 

転生した大聖女は、聖女であることをひた隠すの感想

 

Visited 145 times, 1 visit(s) today