悪の組織の求人広告【ラノベ感想】

2022年11月13日

悪の組織の求人広告
著:喜友名トト
イラスト:虎龍
出版:KADOKAWA NOVEL 0

    61WhkMF6NPL._SX353_BO1,204,203,200_

アマゾンのあらすじより

事業内容―世界征服―。“悪”の意味を塗り替える、叛逆の物語!
『世界征服を目指す悪の組織です!
 
明るく元気な職場が、あなたのヤル気を待ってます!』
時は二十二世紀。“大多数”の人々が幸福な暮らしを送る、今より少しだけ未来。
ニート青年・小森寧人はある日、不可思議なWEBサイトを発見する。それは、世界的な大企業である、悪の組織『メタリカ』の求人広告だった。
難関と言われる面接を奇跡的に突破した彼だったが、配属されたのは庶務課――。つまり、ザコキャラ。戦闘員となってしまうのであった。
そして、彼はこの世界の正義そのもの、白銀の騎士・ディランと対峙することに。
理不尽に統率された世界で、寧人は組織で出会った上司や同期の女の子、ライバルと共に、世界を変える戦いに挑み始める。
これは自らの信念と理想に従った、普通の青年の叛逆の物語である。

感想

MF文庫からの加筆・修正です。

ニートが立身出世するありがちなストーリーを、「悪の才能」のおかげで成り上がる展開が斬新で面白いです。やられ役の戦闘員のシーンは、特撮もののお約束が盛り込まれ読んでいて飽きさせません。

後半のヒーローとの戦闘シーンは、悪役だからといってそこまでするか?と斜め上を行く展開です。悪役でないと使えないような卑怯な作戦、卑怯な戦術のオンパレードです。

暁なつめさんの「戦闘員、派遣します!」は、コメディ強め作品な悪の組織の話だとすると、本作はちょっぴりコメディです。真面目に(?)悪の組織の一員として主人公は働きます。ノベルゼロの中では比較的、万人受けする作品ではないかと思います。

続編では大小の4エピソードで構成され、寧人は更に出生し悪の階段を駆け上がっていきます。部下となる登場人物が増え、人間関係に深みが出て話しも派手になっていきます。

 

続編は更に悪の組織内を駆け上がっていく展開です。とても分かりやすい展開とも言えます。1話目が楽しめた方であれば、同じ方向性の面白さで進んでいきます。是非読んでみてください。

悪の組織の求人広告 (Novel 0)
喜友名トト
KADOKAWA
2017-02-15
 
 
 

同レーベルの感想も読んでみる

ノベルゼロの感想