人間嫌いの転生少女はドラゴンの夢を見る【ラノベ感想】

2022年5月6日

人間嫌いの転生少女はドラゴンの夢を見る
著:香住 なな
イラスト:岩崎 美奈子
出版:カドカワBOOKS
  
 

アマゾンのあらすじより

人間は、嫌い――孤独な少女を救ったのは過保護すぎるドラゴン!?
〈変わり子〉として嫌われ、過酷な環境で育ったアリアは、死にかけたのを機に前世がドラゴンだったことを思い出す。
村を飛び出し、かつての仲間に会いにいく道中、竜騎士団で人間の手伝いをする変わり者のドラゴン【ディド】と出逢う。
ディドに気に入られたアリアは、会話のできる唯一の存在として彼らの世話係となることに。
過保護なディドに甘やかされながら過ごす一方、ディド達には「絶対に人間に知られたくない秘密」が!!
そんな折、アリアは王太子に呼び出され!?

感想

人間とドラゴンの異類恋愛作品です。男性サイドがかっこよく甘めの作品で面白かったです。
本作の主人公アリアは、ドラゴンの生まれ変わりです。幼少期から虐げられていて家族からの愛を知らない生い立ちです。閉じ込められて過ごしたので人付きも皆無だったんです。その状態で前世の記憶を取り戻してしまい前世のドラゴンも人間嫌いだったくれば……帯の「人間は、嫌いだ。」となるのも当然ですね。

前世の記憶とあわせ竜の力も一部取り戻してから、ドラゴンのディドとその竜騎士のウィルに出会うことになります。主人公の外見は、ドラゴンの言葉を理解する神秘的な銀髪美女です。そして内面はまんまドラゴンです。ドラゴンといた方が安心して落ち着くと公言しますし、人間から愛情を欠けられたことがなく利用されてきたばかり。それだから人間に対する共感とか理解とかが抜け落ちた価値観の持ち主になっています。

そんなアリアに対してドラゴンは、彼女を気の毒がりに感じ身内のように護り支えてくれます。まさに過保護って言葉が、ぴったりな心配ぶりです。他方、竜騎士は同じ人間として主人公を気にかけ思いを寄せるという流れです。1巻目だと主人公は、ドラゴンと生きるか人間と生きるかどちらを選ぶのか気になる展開となっています。

2巻目の感想

2巻目で主人公は誰と共に生きるかを選択します。選んだ相手とのたいへんに甘い暮らしを楽しめるのがこのあたりからです。真っ正面から甘い言葉が、主人公に向けてささやかれるんですよ。主人公に自信を投影して感情移入をしながら読むととっても「あらあら」となることでしょう。あまーい展開です。

私が好きだったのは、人間の世界の理屈とドラゴンの世界の理屈が、どちらもしっかりとあることです。例えば竜騎士は、国から主人公にドラゴンとの仲立ちを協力させてほしいって期待を背負わされてます。彼が住む国からみれば平和のために必要なことです。でもドラゴンからみたら身勝手なお願いにすぎないんですよね。どちらも正しい中でどっちを選ぶのかが気になり楽しかったです。

くわえてドラゴンの世界とか考え方が、明確なのも素敵でした。人間とはまったく思考・価値観が異なる存在と描かれています。ドラゴンの背景が丁寧に描かれていて人と人外のコミニケーションが、面白く見応えのある展開になっていました。

人と人外が接するお話を読みたい。でもって恋愛はストレートに甘めの読みたいという方にピッタリの内容です。ラストの甘さはとても印象的でした。

 

レーベルの感想も読んでみる

カドカワBOOKSの感想

人間嫌いの転生少女はドラゴンの夢を見る
著:香住 なな
イラスト:岩崎 美奈子
出版:カドカワBOOKS
 
 
アマゾンのあらすじより
人間は、嫌い――孤独な少女を救ったのは過保護すぎるドラゴン!?
〈変わり子〉として嫌われ、過酷な環境で育ったアリアは、死にかけたのを機に前世がドラゴンだったことを思い出す。
村を飛び出し、かつての仲間に会いにいく道中、竜騎士団で人間の手伝いをする変わり者のドラゴン【ディド】と出逢う。
ディドに気に入られたアリアは、会話のできる唯一の存在として彼らの世話係となることに。
過保護なディドに甘やかされながら過ごす一方、ディド達には「絶対に人間に知られたくない秘密」が!!
そんな折、アリアは王太子に呼び出され!?

人間とドラゴンの異類恋愛作品です。男性サイドがかっこよく甘めの作品で面白かったです。
本作の主人公アリアは、ドラゴンの生まれ変わりです。幼少期から虐げられていて家族からの愛を知らない生い立ちです。閉じ込められて過ごしたので人付きも皆無だったんです。その状態で前世の記憶を取り戻してしまい前世のドラゴンも人間嫌いだったくれば……帯の「人間は、嫌いだ。」となるのも当然ですね。

前世の記憶とあわせ竜の力も一部取り戻してから、ドラゴンのディドとその竜騎士のウィルに出会うことになります。主人公の外見は、ドラゴンの言葉を理解する神秘的な銀髪美女です。そして内面はまんまドラゴンです。ドラゴンといた方が安心して落ち着くと公言しますし、人間から愛情を欠けられたことがなく利用されてきたばかり。それだから人間に対する共感とか理解とかが抜け落ちた価値観の持ち主になっています。

そんなアリアに対してドラゴンは、彼女を気の毒がりに感じ身内のように護り支えてくれます。まさに過保護って言葉が、ぴったりな心配ぶりです。他方、竜騎士は同じ人間として主人公を気にかけ思いを寄せるという流れです。1巻目だと主人公は、ドラゴンと生きるか人間と生きるかどちらを選ぶのか気になる展開となっています。

 

2巻目で主人公は誰と共に生きるかを選択します。選んだ相手とのたいへんに甘い暮らしを楽しめるのがこのあたりからです。真っ正面から甘い言葉が、主人公に向けてささやかれるんですよ。主人公に自信を投影して感情移入をしながら読むととっても「あらあら」となることでしょう。あまーい展開です。

私が好きだったのは、人間の世界の理屈とドラゴンの世界の理屈が、どちらもしっかりとあることです。例えば竜騎士は、国から主人公にドラゴンとの仲立ちを協力させてほしいって期待を背負わされてます。彼が住む国からみれば平和のために必要なことです。でもドラゴンからみたら身勝手なお願いにすぎないんですよね。どちらも正しい中でどっちを選ぶのかが気になり楽しかったです。

くわえてドラゴンの世界とか考え方が、明確なのも素敵でした。人間とはまったく思考・価値観が異なる存在と描かれています。ドラゴンの背景が丁寧に描かれていて人と人外のコミニケーションが、面白く見応えのある展開になっていました。

人と人外が接するお話を読みたい。でもって恋愛はストレートに甘めの読みたいという方にピッタリの内容です。ラストの甘さはとても印象的でした。

カドカワBOOKS

Posted by kyoikyoi