【ラノベ感想】竜と正義 人魔調停局 捜査File.01、 個人と国家 人魔調停局 捜査File.02 扇 友太 KADOKAWA NOVEL 0

2022年3月18日

竜と正義 人魔調停局 捜査File.01、
個人と国家 人魔調停局 捜査File.02
著:扇 友太
イラスト:天野 英
出版:KADOKAWA NOVEL 0
    5130kMKTFsL._SX352_BO1,204,203,200_
アマゾンのあらすじより

人間と魔物が共存する現代。人魔社会の平和維持のため、調停局の新人実働官ライルは今日も事件と、上司であるオーロッドの叱責と戦っている。第9回MF文庫J新人賞・最優秀賞受賞作が加筆修正、完全版として登場。

MF文庫「MONSTER DAYS」の加筆修正版です。
皿の上の聖騎士に続いてとても面白くお気に入り上位の作品です。

 

魔物に囲まれた世界で人間のライルが、知恵と技術と根性でボロボロになりながら強敵を倒していきます。派手なアクションシーン、個性が強すぎて魅力的な登場キャラクター達との洋画みたいな掛け合いがあります。テンポ良く場面が移り変わっていくシーン構成となっていて、読むのが楽しいです。

 
戦闘シーンは大人向けということで流血多め。ヤングコミック誌なら直ぐに連載できるのでは?と思うほど良くできています。主人公が酷い目に遭って逆転する、の王道的な展開は、皿の上の聖騎士と同様に熱く爽快感があります。
調停局員のライルは、相棒と組んで事件にあたっています。1巻目の相棒はユニコーンのアルミスです。凄腕の治療官でライルが、ボロボロになっても癒やしてくれて能力の相性がよい2人です。だからこそライルは毎回毎回重傷を負う羽目になっているんですけどね。
それから魔獣が登場する本作でも竜は、特別で畏怖すべき存在となってます。ドラゴンの兵士は、戦闘機並の戦闘力と判断されています。そんな竜のクーベルネが、ライルのもとにやってきます。クーベルネは天真爛漫な少女ですごくよい子です。彼女が時にライルを振り回し、時にライルを助けと熱く面白い展開を見せてくれます。
 
2作目では相棒が、カラステングのカエデに代わります。前作以上にライルは大活躍して、ボロボロにもなります。
また1作目の設定・登場人物が引き継がれるので続編としても楽しみもあります。話の規模も大きくなってき3作目がどうなるか楽しみですが、いつ出るのでしょうか?