信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略【ラノベ感想】

2022年9月4日

信者ゼロの女神サマと始める異世界攻略 クラスメイト最弱の魔法使い
著:大崎アイル
イラスト: Tam-U
出版:オーバーラップ文庫

   51M-FuplhzL

アマゾンのあらすじより

ゲーム中毒者の高校生・高月マコトは、合宿帰りの遭難事故でクラスメイトと共に異世界へ転移してしまう。異世界の神々から転移した全員にチート能力が付与された―はずが、なぜかマコトだけ平凡以下の“魔法使い見習い”で!?そんな最弱のマコトの夢に信者ゼロのマイナー女神ノアが現れる。必死の勧誘を受けて、一人目の信者になると決めたマコト。早速下された神託は―人類未到達ダンジョンに囚われたノアの救出!?超高難度の神命にゲーマーの血が騒ぐマコトは、ノアの加護と神器を手に常識破りの方法で最強への道を歩み出す―。クラスメイト最弱がマイナー女神と最強へ至る異世界攻略ファンタジー、開幕!

感想

「ハーレム」「チート」「ネトゲ要素」と昨今の異世界要素は満載です。

にもかかわらず作者の文章力のおかげでしょうか、よくある作品で埋もれずに平均を飛び越えています。
どこかで見たような異世界要素だらけなのに、何か違くて次を読みたくなってしまうんです。
魔力が低く通常に魔法を使っても、雑魚敵すらまともに倒せないので、スキルを駆使して敵を水場に誘導して倒したり、『この素晴らしい世界に祝福を』のアクア様のパクリを思わせる女神が出てきたと思ったら、実は違ったりとテンポ良くほどよいコメディを混ぜて楽しませてくれます。異世界転生ものが好きなら買いだと思います。

 
書籍で2巻まで読み、その先は小説家になろうで読みました。挿絵も可愛く面白いので、いずれコミカライズされるかもと思っていましたが、予想に反してまだ出ていません。順調に巻を重ねているので、今後の売り上げしだいなのかも?
と感じていたら2020年12月にコミック版も発売されました。ラノベの方は巻数も増えてきたのでコミックから読み始めてみるのもいいんじゃないかと思います。
 
 
 
 
 
 

同レーベルの感想も読んでみる

 

オーバラップ文庫の感想