【ラノベ感想】デモンズパーティー 吉村 夜 KADOKAWA NOVEL 0

2022年3月18日

デモンズパーティー
著:吉村 夜
イラスト: 智弘 カイ
出版:KADOKAWA NOVEL 0

51KG-hWwWhL

アマゾンのあらすじより
近未来。荒廃した都市を舞台に、悪を倒す巨悪「グレーターデーモン」が繰り広げる殺戮と狂乱の饗宴「デモンズパーティー」。そこで潜入捜査官・高峰倫が目撃したものとは――!?

悪を超パワーを手にした悪が成敗する、ダークヒーロー大活躍のストーリーになっています。それはもう圧倒的な力の差で、暴力に生きていた悪人が成敗されます。勧善懲悪、ただし成敗する側も悪ってのが面白いところでスカッと感が強い作品です。

 
イラストの女性は、潜入捜査官の高峰倫。彼女は普通の人間です。彼女視点で荒廃した都市の描写がなされ、謎の組織「デモンズパーティー」の全貌が徐々に明らかになっていきます。
普通の人間視点で物語が語られるので、「デモンズパーティー」の異常さが際立つ演出が良かったですよ。
エログロバイオレンスの要素もありますが、ノベルゼロの他作品「食せよ我が心」や「魔獣調教師」あたりに比べると大分マイルドです。幅広い読者層に合うんじゃないかと思います。
 
ノベルゼロの作品全般に言えることですが、面白いのに全体の尺が短すぎます。
謎が色々と明らかになり新展開へ移る場面が、あっという間に終わります。上下分冊とするか、あえて手前で止めて続刊を匂わせるかして欲しかった。それぐらいもうちょっと読みたかった作品です。
デモンズパーティー (NOVEL 0)
吉村 夜
KADOKAWA
2016-11-15

ノベルゼロ

Posted by kyoikyoi