JKハルは異世界で娼婦になった 【ライト文芸感想】

2022年11月19日

JKハルは異世界で娼婦になった
著:平鳥 コウ
イラスト:shimano
出版:早川書房

    51YZyDl2uTL

アマゾンのあらすじより

普通の女子高生・小山ハルは、ある日交通事故に巻き込まれ―気づくと異世界に転移していた。生活のため酒場兼娼館『夜想の青猫亭』で働くと決めたハルだが、男尊&女卑の異世界では嫌なことや理不尽なことがありすぎた。同じく現実世界から来た同級生の千葉、娼館仲間のルペやシクラソ、ハルに思いを寄せるスモーブと出会い、異世界に溶け込みはじめたハルを待つ過酷な運命とは…。絶賛を受けた異色のウェブ小説、文庫化。
ハヤカワレーベルらしからぬ異世界モノで、タイトルが刺激的だったので軽い気持ちで買ってみました。
なんとテンプレな異世界生活は、まったくありませんでした。男尊女卑の異世界に飛ばされたので、主人公のハルは冒険に出ることができません。それどころが手に職もないので仕事につけず、異世界で娼婦に……。

感想

あらすじのような不幸物語で暗い展開なりそうなところを、ハルは明るくておバカに振る舞ってくれるので、そこまでの悲壮感を感じずに読み進められます。読み進めるうちにハルが良い娘で、好きなっていく感じがします
 
娼婦なので性的なお仕事もガッツリ描かれています。完全に内容は大人向けです。
ソノ最中も客を悦ばせながら心の中では全然違うことを考えていたり、ふと考えて思い悩んだりと、なんだかとても生々しいです。リアルな描写が、作中の人物を生き生きと見せてくれます。
 
終盤にかけて急にチートが猛威を振るいますが、そこはご愛敬とみて欲しいです。
いわゆるありきたりなチートではありませんよ。
 
続刊のSummerでは、1巻目に出てきたキャラクターを中心にしたショートストーリー集になっています。1巻目の続きの話というよりは、いろんなキャラの視点で世界観や各キャラの考えを掘り下げがメインです。1作目で千葉ってどうしてこうなの?と感じた方は、2巻目も読むと良いですよ。
 
ハヤカワは手堅いですね。本作は文章もしっかりしていますし、良い意味で当初の期待を裏切ってくれました。想像を上回る面白さでした!

 

同レーベルの感想も読んでみる

早川書房の感想

 

早川書房

Posted by kyoikyoi